髪がぺちゃんこ シャンプー

髪がぺちゃんこ【そのシャンプーが原因では?】

髪がぺちゃんこになると、見た目的にも若々しさもなく老けた印象になりますし、分け目の地肌が見えてしまうため、ボリュームのない貧相なスタイルになってしまいます。
髪がぺちゃんこになる理由は、大きく分けると2つあります。

 

まず1つ目は、頭皮がダメージを受けることによって抜け毛が増えて薄毛になったり、髪が細くなったりしてしまうことです。
もう1つは、頭皮が乾燥することにより皮脂の分泌量が過剰になってしまって、髪の毛がべたっとしてしまうことです。
この2つの原因に共通しているのが頭皮のダメージで、これを引き起こす一番の原因となるのがシャンプーです。

 

シャンプーが原因となるのは、使われている洗浄成分が理由です。
シャンプーの洗浄成分は、高級アルコール系と石鹸系、そしてアミノ酸系の3種類が主流となっていますが、このうちの高級アルコール系と石鹸系は頭皮にダメージを与えてしまいます。
どちらの成分も洗浄力がとても強く、洗い上がりもさっぱりして気持ちが良いのですが、頭皮を守る皮脂まですべて取り除いてしまいます。
皮脂は取った方が良いのではないか、と思うかもしれませんが、頭皮にはある程度皮脂を残しておかなくてはいけません。

 

皮脂が分泌されるのは、顔と同じで頭皮を守るという目的があります。
その皮脂を全部取り去ってしまうと、刺激から守るものがなくなってしまいますし、頭皮の柔軟性を保つ水分も蒸発してしまいます。
また、皮脂が不足すると、肌の防御機能が働いて皮脂の分泌量を増やします。
つまり、シャンプーの洗浄成分によって頭皮はダメージを受けやすくなり、さらに皮脂が過剰分泌され、その影響が髪の毛の健康を害してしまうため髪がぺちゃんこになってしまうのです。

 

髪をふんわりさせるには、髪自体をケアすることも大事ですが、環境が悪化している頭皮を改善するのが先決です。
アミノ酸系の洗浄成分なら、洗浄力が弱いので皮脂を取りすぎることもなく、ダメージを与える心配もありません。
髪がぺちゃんこなのを改善するためにいろんなヘアケア用品を使う方も多いと思いますが、原因はシャンプーにあるので、まずはシャンプーを変えてみましょう。

 

 

 

頭皮のかゆみやフケに関するあなたのお悩みや不安を解消 | 頭皮のフケは、なぜ出るの?【人目が気になる